陸路で入国できるシンガポール~マレーシア間の国境とルート

シンガポール~マレーシア間は、24時間オープンしている国境が外国人旅行者にも開放されており、日本人もこの国境を通過して両国を行き来でき、観光目的であればビザは不要。

シンガポール~マレーシア間の国境とルート


シンガポール側ウッドランズ(Woodlands)~マレーシア側ジョホール・バル(Johor Bahru)

シンガポール側の国境の町ウッドランズとマレーシア側の国境の町ジョホール・バルは、コーズウェイという橋で結ばれており、24時間通行することができる。
しかし、歩いて橋を渡ることは出来ず、一般的な交通手段はバス、タクシー、電車の3種類。

バスで国境を越える

JBエクスプレスやコーズウェイ・リンクのバスが、シンガポールのクイーン・ストリート・バスターミナルとジョホール・バル郊外のラーキン・バスターミナルとを所要40~60分ほどで結んでいる。
毎日6:00~23:45の間に15~30分間隔で運行されており、現在の料金は$3.3。

出入国審査は、シンガポール側は橋の手前のイミグレーションで、マレーシア側はジョホール・バル市内にあるJBセントラル駅に併設されるビルのイミグレーションで行う。

シンガポール発ジョホール・バル行きのバスは、これらのイミグレーションを経由して終点のラーキン・バスターミナルへ向かうため、ジョホール・バル市内を観光するなら終点まで行く必要はない。
JBセントラル駅にはバスターミナルもあり、ここからシンガポール行きのバスが出ている。

ラーキン・バスターミナルはシンガポール行きのバスのほか、クアラルンプールやマラッカといったマレーシアの主要都市を結ぶバスが発着している。
また、シンガポールからも国境を越えてクアラルンプールやマラッカへ行くバスが出ている。

タクシーで国境を越える

バスと同様クイーン・ストリート・バスターミナルとラーキン・バスターミナルを結ぶ専用のタクシーがあり、出入国審査もバスと同じ建物で行う。

黄色い車体のこのタクシーは乗合制で、国境を越える専用のタクシーのため、ターミナル以外での乗車はできない。
降車もターミナルでしかできないことになっているが、交渉すれば目的地で降車できる場合もある。

電車で国境を越える

シンガポール側の橋の手前にあるウッドランズ・トレイン・チェックポイント駅と、ジョホール・バルのJBセントラル駅とを結ぶ電車で国境を越えることができる。
現在は5:30~23:00の間で1日7便、往復で14便が運行され、両駅を所要5分で結んでいる。
出入国審査は、それぞれの駅のイミグレーションで行う。

マレーシアから来た際は、ウッドランズ・トレイン・チェックポイント駅から歩いて数分の所にバスターミナルやタクシースタンドがあるので、そこからシンガポールの中心部に移動できる。

基本情報はこちら
シンガポールの基本情報
マレーシアの基本情報

気候に関してはこちら
シンガポールの気候とベストシーズン
マレーシアの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら