誰でも行ける?台湾南東の離島、蘭嶼島への行き方!

台湾本島の台東の約90㎞南東に位置する蘭嶼島は、海底火山の噴火でできた面積45㎢ほどの小さな島で、周囲は珊瑚礁に囲まれ、島の中央部には500m級の山々が連なる。
蘭嶼島は、台湾本島の日本統治時代の影響をあまり受けなかったため、古くよりこの地に暮らすヤミ族は比較的最近まで独自の文化を守り続け、島の“野銀村”では現在も伝統的な家屋で暮らすヤミ族の文化に触れることができる。

台湾本島からのアクセス


飛行機の場合は、台東から蘭嶼空港へのフライトがほぼ毎日あり、島まで所要約30分。
船の場合は、台東の近くの富岡港から夏季は毎日1~2便、冬季は週に2便ほどあり、所要約2時間。
また、恒春の後壁湖漁港から夏季のみ毎日1便あり、こちらも所要約2時間。
島にタクシーはなく、蘭嶼郷公所のバスが島内を巡回しているほか、レンタバイクなどもある。
蘭嶼島へのアクセスは、7~9月は台風の影響で欠航になることがあるので注意が必要。

基本情報はこちら
台湾の基本情報

気候に関してはこちら
台湾の気候とベストシーズン

台湾のその他の離島に関する情報はこちら
台湾本島の西の沖合の金門島
台湾本島の西の沖合の澎湖島
台湾本島の南東の沖合の緑島
台湾本島の南西の沖合の小琉球

合わせて読みたい記事はこちら