シンガポールの気候とベストシーズン

マレー半島の南端に位置するシンガポールは熱帯モンスーン気候に属し、季節は大きく乾季と雨季に分けられ、日本のような四季はなく、年間を通じて東京の夏のように高温多湿で蒸し暑い。

乾季(4~9月)


乾季といっても全く雨が降らないわけではなく、毎月150㎜前後の雨が降る。
晴れていてもあっという間に空が黒い雲に覆われ、急に降り出して1時間ほどで止む激しいスコールがあるが、日本の梅雨のように1日中降り続くことはほとんどない。
乾季は雨季に比べて湿度が低く日差しが強いため、そして急な雨に備えるため、1本の傘を日傘と雨具として使用する地元民も少なくない。

乾季の平均最高気温は30~31℃、最低気温は24℃ほどで、日本の夏と同じ服装で過ごせる。
しかし、お店や乗り物の中は冷房が効きすぎていることがあるので、薄手の上着が1枚あると便利。
比較的雨が少ない乾季が、シンガポール観光のベストシーズンとなる。

雨季(10~3月)


雨季といっても雨が多いのは11~1月の3ヶ月間で、その他の時期の降水量は乾季とさほど変わらない。
各月の降水量は11月が250㎜、12月が300㎜、1月が200㎜で、傘が役に立たないほど激しい雨が降ることもあるが、1日中降り続くことはあまりなく、降り出して1時間ほどで止むスコールがほとんど。
また、スコールは多くても1日に3回ほどなので、雨季が観光に適さないというわけではない。

雨季の平均最高気温は29~30℃、最低気温は23℃ほどで、湿度は乾季よりも高いが気温は少しだけ低く、雨が降ったあとは若干涼しくなる。
乾季同様、お店や乗り物の中は冷房が効きすぎていることがあるので、薄手の上着が1枚あると便利。

基本情報はこちら
シンガポールの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら