陸路で入国できるタイ~マレーシア間の国境とルート

タイ~マレーシア間は、外国人に解放されている国境がいくつかあり、日本人もこの国境を通過して両国を行き来することができる。
陸路でタイへ入国する場合は、15日以内の滞在であればビザは不要で、15日以上滞在するには事前にビザを取得するか、タイ入国後に滞在期間延長の手続きをする必要がある。
マレーシアへの入国は、90日以内の滞在であればビザは不要。

また、両国の間には時差があり、タイの方が1時間遅いので注意が必要。
ビザに関しての詳細はこちら。
タイへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

タイ~マレーシア間の主な国境とルート


タイ側スンガイ・コーロクSungai Kolok~マレーシア側ランタウ・パンジャンRantau Panjang

タイ側国境の町スンガイ・コーロクは、近郊の都市ハート・ヤイ(Hat Yai)から約250㎞南東に位置し、ここからバスやロットゥー(乗合いバス)で所要約4時間で着く。
バンコクからは、バスの場合は南バスターミナルから所要約17時間、列車の場合はクルンテープ駅からスンガイ・コーロク駅まで所要約20時間で着く。

スンガイ・コーロク市内は市場や食堂、ホテルや安宿などが集まる繁華街で、夜になるとタイ人やマレーシア人で賑わいを見せる。
駅前の通りをマレーシア方向に向かって道なりに進んでいくと、歩いて15分ほどで国境の橋に着く。
この橋のたもとに両国のイミグレーションがあり、橋を渡るとすぐにマレーシア側の町ランタウ・パンジャンがある。

タイから橋を渡って5分ほど歩くと、クアラルンプール、クアンタン、コタバルなどマレーシア各地へのバスとタクシー乗り場がある。
ここからバスで1時間ほどのコタバル(Kota Bharu)は、マレーシア東海岸北部の州都で、市内では夕方から深夜にかけて盛大な屋台街となり、美しいビーチがあることでも知られている。

タイ側サトゥーンSatun~マレーシア側ランカウイ島Pulau Langkawi

タイ側国境の町サトゥーンは、近郊の都市ハート・ヤイから約80㎞南西に位置し、ここからバスやロットゥーで所要約2時間、バンコクからは南バスターミナルからバスで所要約15時間。
サトゥーン市内の約10㎞南にあるトゥンマラン船着場からマレーシア行きの船が運航されており、市内からここまではロットゥーやソンテウ、モーターサイで20分ほどで着く。

トゥンマラン船着場から、マレーシアのランカウイ島行きのフェリーが1日3便ほど出ており、ランカウイ島の中心都市クア(Kuah)まで所要90分ほど。
また、不定期で数も少ないが、トゥンマラン船着場からマレーシア本土のクアラ・プルリス(Kuala Perlis)行きのボートも運航されており、本土の港まで所要1時間ほど。

タイ側サダオSadao~マレーシア側ブキッ・カユ・イタムBukit Kayu Hitam

タイ側国境の町サダオは、近郊の都市ハート・ヤイから約50㎞南に位置し、ここからバスやロットゥーで所要1~2時間ほどで着く。
ハート・ヤイへは、バスの場合はバンコクの南バスターミナルから所要14時間、列車の場合はクルンテープ駅からハート・ヤイ駅まで所要16~17時間。

タイ側パーダン・ベーサーPadang Besar~マレーシア側パダン・ベサールPadang Besar

タイ側国境の町パーダン・ベーサーは、近郊の都市ハート・ヤイから約50㎞南に位置し、ここからバスやロットゥーで所要1~2時間ほどで着く。
ハート・ヤイへは、バスの場合はバンコクの南バスターミナルから所要14時間、列車の場合はクルンテープ駅からハート・ヤイ駅まで所要16~17時間
両国の町とも英語表記は同じだが、読み方が少し異なる。

基本情報はこちら
マレーシアの基本情報
タイの基本情報

気候に関してはこちら
マレーシアの気候とベストシーズン
タイの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら