陸路で入国できるタイ~ラオス間の国境とルート

タイ~ラオス間は、外国人に解放されている国境がいくつかあり、日本人もこの国境を通過して両国を行き来することができる。
陸路でタイへ入国する場合は、15日以内の滞在であればビザは不要で、15日以上滞在するには事前にビザを取得するか、タイ入国後に滞在期間延長の手続きをする必要がある。

陸路でのラオスへの入国は、15日以内の滞在であればビザは不要で、15日以上滞在するには事前にビザを取得するか、入国時に国境でアライバルビザを取得するかのどちらかになる。
ビザに関しての詳細はこちら。
タイへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法
ラオスへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

タイ~ラオス間の主な国境とルート


タイ側ノーンカーイNong Khai~ラオス側ヴィエンチャンViang Chan

タイ側国境の町ノーンカーイは、メコン川に面したタイ最北部の町で、川に架かるタイ・ラオス友好橋で対岸のラオスの首都ヴィエンチャンと結ばれている。
ノーンカーイへは、バスの場合はバンコクの北バスターミナルから所要約10時間、列車の場合はクルンテープ駅からノーンカーイ駅まで所要約10時間。

駅は市内から約2㎞西に位置し、バスはノーンカーイ市内の東側のバスターミナルに到着し、市内中心部まではトゥクトゥクなどで5~10分ほどで着く。
ノーンカーイから国境を越えヴィエンチャンに行く方法は、直通バス、通常のバス、鉄道の3つになる。
なお、タイ・ラオス友好橋を徒歩で渡って国境を越えることはできない。

  • 直通バス
    市内の東側のバスターミナルからヴィエンチャンのタラート・サオ・バスターミナル行きのバスが出ており、ラオス側からも同じルートのバスが出ている。
    乗り換えの必要がないというメリットがあるが、バスは乗客全員の出入国手続きが終わるまで待つので、時間がかかる場合がある。
    ヴィエンチャンのタラート・サオ・バスターミナルは、市内から500mほど離れた場所にある。
  • 通常のバス
    ノーンカーイ駅のそばにあるバス乗り場からラオス側イミグレーション行きのバスが出ており、出入国手続きを済ませたらラオス側イミグレーションでバスやトゥクトゥクに乗り換えて、ヴィエンチャン市内に向かう。
    このバスは本数が多いので、出入国手続きに時間がかかると置いていかれる場合があるが、次のバスが来たらチケットを見せれば乗車することができる。
    市内からタイ側イミグレーションまでは徒歩でも行ける距離なので、徒歩で行って出国手続きを済ませ、ここからバスでラオス側に行くこともできる。
    ラオス側イミグレーションからヴィエンチャン行きのバスは、直通バスが発着するタラート・サオ・バスターミナルに到着する。
  • 鉄道
    ノーンカーイ駅からヴィエンチャン郊外のターナーレーン駅(Thanaleng Station)行きの列車が出ており、ラオス側からも同じルートの列車が出ている。
    列車での移動時間は15分ほどで、ターナーレーン駅からヴィエンチャン市内までは約15㎞。
    ターナーレーン駅の周りは特に何もなく、運良くトゥクトゥクなどが待機していればいいが、いない場合はバス乗り場までかなり歩くことになる。
    予約したホテルの送迎など、駅からの移動手段が確保されていない場合は、バスで国境を越えた方が無難である。
タイ側チェンコーンChiang Khong~ラオス側フエサイHuay Xai

タイ側国境の町チェンコーンはメコン川に面する小さな町で、川に架かる第4タイ・ラオス友好橋を渡ってラオス側国境の町フエサイに行くことができるこのルートは、タイからミャンマーの古都ルアンパバーン(Luang Prabang)に向かう旅人がよく通る。

タイ国内からチェンコーンへは、バンコクの北バスターミナルからバスで所要約13時間、チェンマイからはバスやロットゥー(乗合いバス)で所要6~7時間。

ラオス国内からフエサイへは、バスでルアンナムター(Louang Namtha)から所要約4時間、ウドムサイ(oudomxay)から所要約8時間、飛行機ならヴィエンチャンから所要約1時間。
国境を越える移動手段は、シャトルバス、国際バス、ミニバスの3つになる。

  • シャトルバス
    町の中心部から国境である第4タイ・ラオス友好橋まで行くと、橋のたもとにイミグレーションがあるので、ここで出国審査を済ませ、ゲートを出た所にあるチケット売り場でバスのチケットを購入して乗車する。
    バスは所要約5分で橋を渡るので、下車してイミグレーションで入国審査を受ける。
    タイ、ラオス、どちらからも手順は同じである。
  • 国際バス
    国際バスは市内から発着しているため、国境の橋まで移動する必要がないので便利。
    フエサイの新バスターミナルから、チェンコーン経由チェンラーイ行きの国際バスが発着しており、チェンコーンまで所要30分、チェンラーイまで4時間ほど。
  • ミニバス
    タイとラオスの旅行会社が共同で運行しているミニバスで、前日までに市内の旅行会社に申し込めば、滞在している宿まで迎えに来てもらえる。
    橋を渡る時にバスを乗り換える必要があるが、申し込む際に希望を伝えれば近郊の町まで行ってもらえて便利である。
タイ側チョン・メックChong Mek~ラオス側ワンタオVang Tao

タイ側国境の町チョン・メックは、タイ最東部に位置する小さな町で、最寄りの都市であるウボン・ラーチャターニー(Ubon Ratchathani)のバスターミナルからロットゥーで所要約2時間。
ウボン・ラーチャターニーへは、バンコクの北バスターミナルから長距離バスで所要約10時間。
列車の場合は、バンコクのクルンテープ駅からウボン・ラーチャターニー駅まで所要9~12時間。

ラオス側国境の町ワンタオは、国境付近に市場などがある小さな町で、最寄りの都市であるパクセ(Pakse)から約40㎞、移動はソンテウや乗合バンで所要1時間ほど。
ワンタオ行きのソンテウや乗合バンは、パクセ市内の市場タラート・ダーオフアンのそばから出ている。

ウボン・ラーチャターニーからは、チョン・メック経由パクセ行きの国際バスが出ているほか、パクセからも同様のバスが出ており、2つの町を片道約3時間で行き来している。
国境の町に用がなければ、このバスを利用した方が早くて便利。

タイ側ナコーン・パノムNakhon Phanom~ラオス側ター・ケークThakhek

タイ側国境の町ナコーン・パノムは、メコン川に面するタイ東北部の小さな町で、川に架かる第3タイ・ラオス友好橋で対岸のラオス側国境の町ター・ケークと結ばれている。

タイ国内からナコーン・パノムへのバスは、バンコクの北バスターミナルから所要12~13時間、ウドーン・ターニー(Udon Thani)の長距離バスターミナルから約4時間、コーンケン(Khon Kaen)から5~6時間。
これらのバスは市内の西の外れにあるバスターミナルに到着するが、ここからラオスのター・ケーク行きの国際バスが出ている。

ラオス国内からター・ケークへのバスは、ヴィエンチャンのヴィエンチャン・バスターミナルから所要約7時間、サワンナケートから約2時間、ラックサーオ(Lak 20)から約5時間。
主要都市からのバスは、ター・ケーク郊外の長距離バスターミナルに到着するが、ここからタイのナコーン・パノム行きの国際バスが出ている。

タイ側ムクダーハーンMukdahan~ラオス側サワンナケートSavannakhet

タイ側国境の町ムクダーハーンは、メコン川に面するタイ東北部の小さな町で、川に架かる第2タイ・ラオス友好橋で対岸のラオスの大都市サワンナケートと結ばれている。
ムクダーハーン~サワンナケート間の移動は、国際バスで所要1時間ほど。

タイ国内からムクダーハーンへは、バスの場合はバンコクの北バスターミナルから所要10~11時間、ナコーン・パノムからはロットゥーで所要約2時間。
各地からのバスは、市内から少し離れたバスターミナルに到着するが、ここからラオスのサワンナケート行きの国際バスが出ている。

ラオス国内からサワンナケートへは、バスの場合はヴィエンチャンのヴィエンチャン・バスターミナルから所要7~9時間、飛行機ならヴィエンチャンから所要1時間ほど。
各地からのバスは、市内の中心部から約2㎞離れたバスターミナルに到着するが、ここからタイのムクダーハーン行きの国際バスが出ている。

基本情報はこちら
ラオスの基本情報
タイの基本情報

気候に関してはこちら
ラオスの気候とベストシーズン
タイの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら