タイの基本情報

正式国名

タイ王国 Kingdom of Thailand

国土面積

約51万4000㎢(日本の約1.4倍)

首都

バンコク Bangkok

人口

約6884万人

宗教

国民の94%が仏教徒、5%がイスラム教徒。
その他にキリスト教やヒンドゥー教が少数。

言語

公用語はタイ語。
しかし、観光地のホテルやレストランでは英語が通じる所もある。

通貨

通貨はバーツ(Baht)で表記はB、補助通貨はサタン(Satang)で表記はS。
国際通貨コードはTHB。

チップ

外国人旅行者の多い地域ではチップの習慣が根付きつつある。
ホテルで荷物を運んでもらったりルームサービスを頼んだ際は10~20Bほどが目安。
サービス料が含まれていない中級~高級のレストランでは料金10%ほど。
タクシーでは基本的には不要だが、お釣りの小銭をチップとして置いていく場合もある。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方が良い。
飲料水は各所で売られているミネラルウォーターを。

電圧とプラグ

220Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形状はA型、BF型、C型など。(日本はA型)

習慣とマナー

僧侶には常に敬意を払い、女性は僧侶に触れたり握手をしてはいけない。
寺院を参拝する際は肌の露出の多い服装は避け、本堂では土足禁止の所も多いので注意が必要。
人の頭は神が宿ると考えられているため、他人の頭部に触れたり、子供の頭を撫でてはいけない。
左手は不浄とされ、物の受け渡しや食事はできるだけ右手で行う。
足の裏も不浄とされるため、人や仏様に足の裏を向けてはいけない。

タイの王室には常に敬意を払い、王室を批判したり侮辱するようなことを言ってはいけない。
タイには“王室不敬罪”があり、これらの行為を行うと警察沙汰になることもある。
映画や劇場の上映や開演前には、国王の肖像が映され王室賛歌が流れるが、その際は周囲のタイ人と同様に必ず起立する必要がある。
過去には、起立を拒んだ外国人旅行者が逮捕された事例がある。

日本との時差

日本より2時間遅れ。(日本の正午はタイのAM10:00)

日本からのフライト

日本からタイへの直行便があり、バンコクのスワンナプーム国際空港まで所要5~6時間ほど。

ビザ

日本人の観光目的でのタイへの入国は、空路の場合はタイ出国用の航空券(eチケットでも可)を持っていれば、ビザなしで最大30日間滞在可能。
陸路や海路で入国する場合はビザなしで最大15日間滞在可能。
これ以上タイに滞在する場合は、事前に観光ビザの取得が必要となる。

ビザに関しての詳細はこちら
タイへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

気候に関してはこちら
タイの気候とベストシーズン

タイの世界遺産に関する情報はこちら
古都アユタヤ
古代都市スコータイと周辺の古代都市群

合わせて読みたい記事はこちら