シドニー・オペラハウス 観光情報まとめ

世界遺産の概要


世界三大美港のひとつである、シドニー湾に突き出たベネロング岬の先端に立つシドニー・オペラハウスは、4つの劇場とレセプションホール、図書館やアートギャラリー、そしてレストランやバーなどが入った巨大な総合芸術施設。

1956年、オペラハウス建築のために行われた国際デザインコンペにて、32ヶ国233件の公募作品の中から選ばれたこのデザインは、当初は総工費$700万、工期3年ほどで完成すると考えられていた。
しかしいざ工事が始まってみると、白い貝殻を思わせる独創的なデザインもあって工事は難航し、実際には総工費$1億200万を費やし、着工から14年もの歳月を経て1973年に完成した。

その異彩を放つ外観に目が行きがちだが、防音や音響設備ともに最高の技術を駆使し、内部も外観に引けを取らない素晴らしいものになっている。
シドニー・オペラハウスは“人類の創造的才能を表す傑作である”として2007年に世界遺産に登録された。
シドニー・オペラハウスは、世界遺産に登録されている中で最も新しい建造物でもある。sydney-366022_1280

オペラハウス観光の拠点はサーキュラーキーとロックス


サーキュラーキー(Circular Quay)とロックス(The Rocks)は、シドニー市内の北部のエリア。
サーキュラーキーは北部の交通の起点となるエリアで、フェリーやクルーズ船の発着所、バスターミナルや電車の駅もあり、オペラハウスがあるのもこのエリア。

サーキュラーキー東側には王立植物園が広がり、その先にあるミセスマックォーリーズポイントは、オペラハウスとハーバーブリッジを一望できる人気の展望地。

サーキュラーキー西側からハーバーブリッジの手前に広がるエリアがロックス。
このロックスは、1788年にアーサー・フィリップ率いる英船団がやってきて、シドニー最初の入植が行われた歴史ある場所であり、オーストラリア発祥の地ともいわれている。

入植当時の面影を残す港町の倉庫や住宅が、そのままの姿でショップやレストランとして利用されており、現在は歴史的建造物が立ち並ぶ観光エリアとなっている。
1843年から16年を費やし、囚人がハンマーとノミで掘ったアーガイルカットというトンネル、シドニー最古の住宅であるカドマンの家など多くの見どころが点在している。

ロックスにはビジターセンターもあり、シドニー周辺の地図や各種パンフレットが入手できる。
ロックスのメインストリートであるジョージ・ストリートでは、毎週末に通りの北側が歩行者天国となり、ロックスマーケットが開催される。
通り沿いに大きなテントが並び、工芸品などのお土産や食料品など様々な店が軒を連ねる。
公式サイトはこちら。
The Rocks

市内の見どころを巡る観光バスについて


シドニー市内と近郊の見どころを効率よく回るのに便利なのが、サーキュラーキーとシドニー・セントラル駅前から発着するシティサイトシーイングという観光周遊バス。
サーキュラーキーから出る“シドニー”と、シドニー・セントラル駅前から出る“ボンダイ”という2つのルートがある。

真っ赤な車体が目印の2階建てのバスで、1周90分のルートをシドニーは15~20分おき、ボンダイは30~45分おきに回っている。
チケットは運転手から現金でのみ購入でき、料金は24時間有効券が$24.50、48時間有効券が$36.50。
有効期間内であれば乗り降り自由で、1枚で両方のルートを利用できる。
公式サイトはこちら。
シティサイトシーイング

CBD Shuttle 555は廃止された

以前はCBD Shuttle 555という無料シャトルバスがシドニーセントラル駅前からサーキュラーキーまで運行されていた。
しかし、2015年11月頃から始まったジョージ・ストリートのLight Rail(路面電車)の工事開始に伴いこのバスは廃止され、現在は運行されていない。

サーキュラーキーとロックスの見どころ


ハーバーブリッジ Harbour Bridge

1923年から工期9年、総工費$2000万を費やし1932年に完成したハーバーフリッジ。
シングルアーチの橋としては世界で2番目の長さを誇る全長1149m、幅は49mで世界一。
古い洋服掛け(Old Coat Hanger)という愛称をもち、アーチの頂上は海面から134mもある。
橋のロックス東側には、パイロンルックアウトという展望台を兼ねた博物館があり、ここからはオペラハウスなどを望むことができる。

ブリッジクライムというアクティビティでは、1300段ある階段を登りアーチの頂上へ行くことができ、頂上からは360度パノラマでシドニーの街を一望できる。
ブリッジクライムは様々な時間帯に行われており、夜明けや夕暮れ時には刻々と変化する景色を存分に味わえる。
各公式サイトはこちら
パイロンルックアウト
ブリッジクライム

シドニー天文台 Sydney Observator

シドニーの街を望める絶景の高台の上に立つシドニー天文台は、1857~1859年にかけて建てられたもので、中央の塔とドーム状の緑の屋根が印象的な、歴史を感じさせる天文台。
しかし大気汚染や街の照明の影響で観測が困難になり、1982年に天文学博物館となった。

現在は3Dシアターやプラネタリウムを観賞したり、夜間のみ星空の観測も行っている。
入場は無料だが、3Dシアターやプラネタリウムは有料となる。
公式サイトはこちら。
シドニー天文台

カスタムズハウス Customs House

サーキュラーキー駅の前に立つカスタムズハウスは、1845年に建設されて1990年まで税関として利用されていた歴史的建造物。
現在は図書館として利用されており、無料でWi-Fiも利用できる。
もちろん入場も無料で、レストランやバーも入っている。
公式サイトはこちら。
カスタムズハウス
sydney-opera-house-354580_1280

オペラハウスについて


オペラハウスはシドニー交響楽団、オペラ・オーストラリア、オーストラリアンバレエ、ベルシェイクスピアなど数々のカンパニーの本拠地として定期公演を開催している。
クラシック、オペラ、バレエ、ミュージカルなど多種多様なイベントが開催されているので、気になるものがあったら観賞してみるのもいいでしょう。
基本的なドレスコードは“靴を履くこと”以外には特になく、厳格なドレスコードがある場合は公式サイトなどで事前に知らせてくれる。

オペラハウス公演チケットの購入方法


オペラハウス公演チケットは、オペラハウスの窓口かウェブサイト、またはチケテック、チケットマスターというチケット販売代理店の窓口かウェブサイトで購入できる。

  • オペラハウスの窓口で購入する
    頼めば会場のマップを見せてもらえるので、購入時に席の場所の確認がしやすいこと、そして手数料がかからないという利点がある。
  • オペラハウスのウェブサイトで購入する
    支払いにクレジットカードが必要で、料金に手数料が$5ほど上乗せされる。
    チケットは郵送やオペラハウスの窓口で受け取るかなどを選択できる。
    公式サイトはこちら。
    シドニー・オペラハウス
  • 代理店の窓口かウェブサイト購入する
    ウェブサイトで購入する場合には支払いにクレジットカードが必要で、料金に手数料が$7ほど上乗せされる。
    チケットはオペラハウスの窓口か代理店の窓口で受け取る。
    受け取りの際には写真付きのIDが必要となる。
    また、チケットがウェブサイトからPDFで印刷できる場合もある。

    シドニー中心部のチケテック窓口はウエストフィールド・シドニーに2つ、チケットマスター窓口はキャピトル・シアター、ステイト・シアター、シドニーリリック、シアターロイヤルにある。
    各公式サイトはこちら。
    チケテック・オーストラリア
    チケットマスター・オーストラリア

ガイドツアーについて


オペラハウスでは館内を巡る数種類のガイドツアーが行われており、日本語にも対応している30分のツアーでは、コンサートホールかオペラシアターの中に入って見学ができる。
所要2時間のバックステージツアーでは、各シアターのステージに上がったり舞台裏に入って見学することができ、最後に普段は出演者しか入ることのできないグリーンルームで食事をする。
詳細はオペラハウス公式サイト上部のToursに記されている。
公式サイトはこちら。
シドニー・オペラハウス

sylvester-586224_1280

シドニーの気候


日本の約21倍という広大な国土を誇るオーストラリアは、地域によって気候が大きく異なる。
南部には比較的涼しい冬があるのに対し、北部のほとんどの場所は一年中温暖な気候をしている。
オーストラリアは海に囲まれた島国である一方、世界一乾燥した大陸ともいわれ、大陸中央部の内陸には砂漠地帯が広がっている。

シドニーやメルボルンなどがあるオーストラリア南部には四季がある。
南半球にあるオーストラリアは日本とは季節が逆で、9~11月が春、12~2月が夏、3~5月が秋、6~8月が冬となる。
日本の四季よりも寒暖の差はなく、冬は東京の冬より暖かく、夏は東京の夏より涼しい。

夏の平均最高気温は26℃ほど、最低気温は18℃ほどで、日中は日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めがあるといいでしょう。
冬の平均最高気温は17℃ほど、最低気温は9℃ほどで、朝晩は冷えるので防寒着が必要となる。

春と秋は、夏と冬の中間くらいの気温になる。
最も降水量が多い3~6月は、多い時には1ヶ月に130㎜ほどの雨が降り、その他の月も1ヶ月に60~100㎜ほどの雨が降る。
穏やかな気候のシドニーは年間を通じて観光可能で、その中でも夏が観光のベストシーズンといえる。

また、シドニー周辺では毎年5月下旬~6月上旬にかけて、ビビッド・シドニー(Vivid Sydney)という光と音の祭典が開催される。
期間中はシドニーの街全体がイルミネーションで彩られ、オペラハウスやビルといった建物の外観がカラフルにライトアップされ、オペラハウスでは毎晩イベントが開催される。
公式サイトはこちら。
ビビッド・シドニー

sydney-366018_1280

日本からのアクセスと行き方


日本からは、シドニー国際空港(キングスフォードスミス空港)へカンタス航空と日本航空から直行便がでており、所要9時間ほど。
空港からシドニー市内までは約10㎞あり、タクシーかエアポート・シャトルバスか電車で向かう。
オペラハウスはサーキュラーキー駅から歩いて10分ほどで着く。

  • タクシー
    市内中心部まで$40~60で所要20~30分ほど。
  • エアポート・シャトルバス
    キングスフォードスミス・エアポートバス&シドニーエアポーター社とエアバス・シドニー社が、空港から市内の指定した場所まで運行している。
    空港到着ロビー出口前から人数が集まり次第出発する。

    目的地に乗客を降ろしながら向かうので、タクシーより時間がかかる場合が多い。
    料金はキングスフォードスミス・エアポートバス&シドニーエアポーター社が$15、エアバス・シドニー社が$16。
    各公式サイトはこちら。
    キングスフォードスミス・エアポートバス&シドニーエアポーター
    エアバス・シドニー

  • 電車
    市内を走るシドニートレインが運行する電車の路線T2 Airportが空港ターミナルと市内を結んでいる。
    空港にあるインターナショナル・エアポート駅から市内中心部のシドニー・セントラル駅まで所要10分ほど、サーキュラーキー駅までは所要20分ほど。
    公式サイトはこちら。
    エアポート・リンク
通貨と言語とビザについて

オーストラリアの公用語は英語で、通貨はオーストラリアドル(A$)とオーストラリアセント(A¢)。
また、オーストラリアへの入国にはビザを取得するかETA登録が必要。

ETAに関してはこちら
オーストラリアへの入国とETA登録方法

気候に関してはこちら
オーストラリアの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
オーストラリアの基本情報

オーストラリアのその他の世界遺産に関する情報はこちら
グレートバリアリーフ
ウルル−カタ・ジュダ国立公園
カカドゥ国立公園
フレーザー島
グレーター・ブルー・マウンテンズ地域
タスマニア原生地域(オーストラリア囚人遺跡群)

合わせて読みたい記事はこちら