陸路で入国できるブラジル~ボリビア間の国境とルート

ブラジル側の町コルンバ(Corumba)~ボリビア側の町キハロ(Quiharro)間の国境が外国人に解放されており、日本人もこの国境を通過することができる。

ブラジルからのルート


ブラジル南西部の町カンポ・グランジ(Campo Grande)からコルンバ行きのバスはAndorinha社が運行しており、1日に9便程度出ている。
距離は約420㎞あり、所要6~7時間ほどで着く。
バス会社公式サイトはこちら。
Andorinha

コロンバからは行き先が“Fronteira”と表示された国境行きのバスが出ており、これで15分ほどで着く。
国境を越えるとタクシーやコレクティーボが待機しているので、これらを利用してキハロまで15分ほど。
“Fronteira”とはポルトガル語で“国境”を意味する。

ボリビアへの観光目的での入国は、90日以内であればビザ不要。
しかし、入国時に滞在を許可されるのは30日までで、入国後に手続きをすれば最大90日まで延長できる。
延長の申請はラ・パス、サンタ・クルス、コチャバンバ、オルーロ、ポトシなどの入管管理事務所で受け付けており、料金は無料。
パスポートの残存有効期間は、ボリビア入国時に6ヶ月以上必要。

ボリビアからのルート


ボリビア中部の町サンタ・クルス(Santa Cruz)からキハロ行きの鉄道をフェアロビアリア・オリエンタル社(Ferroviaria Oriental:通称FCOSA)が運行しており、週に6便程度出ている。
距離は約650㎞あり、通常の列車で所要約18時間、特急列車で所要約13時間。
列車は基本的に1日1便で、通常と特急のどちらを運行しているかは日によって異なる。
鉄道会社公式サイトはこちら。
Ferroviaria Oriental

キハロの鉄道駅から国境まではタクシーやコレクティーボで15分ほど。
国境を越えるとタクシーやコレクティーボが待機しており、これらでコルンバまで15分ほど。
また、ブラジルへの入国は事前にビザを取得する必要がある。

ビザに関しての詳細はこちら
ブラジルへの入国とビザ取得方法
リオ五輪の開催に伴うビザ免除の特別処置

基本情報はこちら
ブラジルの基本情報
ボリビアの基本情報

気候に関してはこちら
ブラジルの気候とベストシーズン
ボリビアの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら