モンゴルの基本情報

正式国名

モンゴル国 Mongolia

国土面積

約156万4100㎢(日本の約4倍)

首都

ウランバートル Ulaanbaatar

人口

約306万人

宗教

チベット仏教が信仰する国民が多い。
その他にはイスラム教など。

言語

公用語はモンゴル語。
社会主義時代に教育を受けた世代はロシア語を理解する人も多い。
また、観光地などでは英語や日本語が通じる場所もある。

通貨

通貨はトゥグリク(ugrik)で、Tgと表記する。
国際通貨コードはMNT。

チップ

モンゴルにはチップの習慣はなく、中級~高級のレストランやホテルではあらかじめサービス料が含まれていることが多い。
特別なサービスを受けたと感じた時には2000~5000Tgほどのチップを渡すとスマート。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方が良い。
飲料水は各所で売られているミネラルウォーターを。

電圧とプラグ

220Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形状はB型、B3型、C型が主流。(日本はA型)

日本との時差

日本より1時間遅れ。(日本の正午はモンゴルの11:00)
モンゴルは国内にも時差があり、モンゴル西部は日本より2時間遅れとなる。

日本からのフライト

日本からモンゴルへは直行便がでており、ウランバートルのチンギス・ハーン国際空港まで所要4~6時間。

ビザ

日本人のモンゴルへの入国は、30日以内の滞在であればビザ不要。
ただし、出国用の航空券や乗車券を持っていることが条件。
パスポートの残存有効期間は、モンゴル入国時に6ヶ月以上と査証欄の余白が2ページ以上必要。

気候に関してはこちら
モンゴルの気候とベストシーズン

合わせて読みたい記事はこちら