リオ五輪の開催に伴うビザ免除の特別処置

ブラジルは南米で唯一、日本人の観光目的での入国にビザの取得が必要な国である。
しかし、リオオリンピック・パラリンピック開催に伴う特別処置として、一定期間ビザが免除され、特定の国の国民はビザを取得せずにブラジルに入国できる。

リオ五輪に伴うビザ免除の詳細


  • 対象者
    日本、アメリカ、オーストラリア、カナダの国民で、観光に該当する目的でブラジルを訪れる人。
    “観光に該当する目的”とは、旅行、知人訪問、オリンピック観戦など。
  • ビザ免除期間
    2016年6月1日~2016年9月18日。
  • 滞在可能期間
    ブラジルに最初に入国した日から90日間で、延長は不可。
    最初の入国から90日間は、何度でも出入国ができる。
    しかし、90日以内でも9月18日以降は入国できない。
    90日間の滞在可能期間のカウントは、ブラジルを出国した時点で一旦停止され、再入国した時にカウントが再開される。
  • 入国時に必要な物
    パスポート。(ブラジル入国時に残存有効期間が6ヶ月以上必要)
    ブラジル出国用の航空券。

最新情報はこちら
在東京ブラジル総領事館
在浜松ブラジル総領事館
在名古屋ブラジル総領事館

通常のビザに関してはこちら
ブラジルへの入国とビザ取得方法

基本情報はこちら
ブラジルの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら