ラオスへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

日本人の観光目的でのラオスへの入国は、パスポートの残存有効期間が入国時に6ヶ月以上あり、15日以内の滞在であればビザ不要。

15日以上滞在する場合は、日本、もしくは隣国のラオス大使館や領事館で事前にビザを取得するか、ラオス入国時にアライバルビザを取得する必要がある。

また、ビザやアライバルビザを取得して入国した場合は、ラオスのイミグレーションオフィスで滞在期間の延長をすることができる。

日本でのビザ取得方法


東京にある駐日ラオス大使館を訪れて取得する。
ビザ申請時に必要なものは下記の通り。
また、訪れるのが難しい場合は、旅行会社に手数料を支払って取得を代行してもらう方法もある。

  • パスポート
    残存有効期間が入国予定日より6ヶ月以上と、査証欄の余白が2ページ以上必要。
  • 顔写真(証明写真)
    縦4.5㎝×横3.5㎝のものを2枚。
  • ビザ申請書
    大使館の窓口で入手できる。
  • ビザ申請手数料
    通常は3000円、緊急の場合は6000円。

ビザは発給は、通常は申請日から2営業日後の14:00以降となる。
月曜に申請した場合は、水曜の14:00以降に受け取り可能。
緊急の場合は、申請当日にその場で受け取れることになっている。

ビザの有効期間は発給日から2ヶ月で、最大30日の滞在が可能。
また、各国のラオス大使館でも同様にビザを取得することができる。

ラオス入国時のアライバルビザ取得方法


空路や陸路での入国の際に、イミグレーションオフィス(出入国管理事務所)で取得できる。
必要なものは日本で申請する場合と同じで、最大30日の滞在が可能。
ビザ申請用紙はその場で入手することができ、ビザ申請手数料はUS$30。

ただし、アライバルビザは全ての陸路の国境で取得できるわけではない。
アライバルビザを取得できる空港、及び陸路の国境は下記の通り。
なお、下記に記したのは駐日ラオス大使館のホームページに記載されているものである。

空港

  • ヴィエンチャン・ワッタイ国際空港(Vientiane Wattay International Airport)
  • ルアンパバーン国際空港(Luangprabang International Airport)
  • パクセー国際空港(Pakxe International Airport)
  • サワンナケート国際空港(Savannakhet International Airport)
タイとの国境

  • タイ側ノーンカーイNong Khai~ラオス側ヴィエンチャンViang Chan
  • タイ側チョン・メックChong Mek~ラオス側ワンタオVang Tao
  • タイ側ムクダーハーンMukdahan~ラオス側サワンナケートSavannakhet
  • タイ側チェンコーンChiang Khong~ラオス側フエサイHuay Xai
  • タイ側ナコーン・パノムNakhon Phanom~ラオス側ター・ケークThakhek
  • タイ側ホアイコンHuai Kon~ラオス側ナムグゥンMuang Ngeun
ベトナムとの国境

  • ラオス側ナムパオNam Phao〜ベトナム側カオチェオCau Treo
  • ラオス側デーンサワンDansavanh〜ベトナム側ラオバオLao Bao
中国との国境

  • ラオス側ボーテン〜中国側ボハン

滞在期間延長方法


ビザ、及びアライバルビザを取得して入国した場合に限り、滞在期間の延長が可能。
ラオス各地にあるイミグレーションオフィスで申請をすることができるが、対応がまちまちであるため、ヴィエンチャンのイミグレーションオフィスで申請した方が確実である。
最大30日の延長が可能で、延長の料金は1日あたりUS$2かかる。

延長手続きは通常は1~2日で完了するが、担当官が不在の場合はさらに日数がかかる場合もあるので、入国時のビザが切れる前に行う必要がある。

また、現地の旅行会社に頼んで延長の手続きを代行してもらうこともできる。
ヴィエンチャン・イミグレーションオフィスの公式サイトはこちら。
The Department of Immigration of Lao PDR

最新情報はこちら
駐日ラオス大使館
在ラオス日本国大使館

気候に関してはこちら
ラオスの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
ラオスの基本情報

合わせて読みたい記事はこちら