ネパールへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

日本人が観光目的でネパールへ入国するには観光ビザが必要。
また、パスポートの残存有効期間が6ヶ月以上あり、ビザ用の余白ページが1ページ以上必要。

ビザは事前に日本や近隣諸国のネパール大使館や名誉領事館で取得するか、ネパール入国時に空港や陸路国境のイミグレーションオフィスでアライバルビザを取得するかになる。
いずれもビザはマルチプルエントリーで、滞在可能期間内であれば何度でも出入国できる。

日本人がネパールに入国できる空港と国境


空路は、唯一の国際空港であるカトマンズのトリブバン国際空港(Tribhuvan International Airport)のみ。
陸路で入国できるポイントは下記の7ヵ所だが、1ヵ所は現在閉鎖中。

  • カーカルビッタ(東部ジャパ郡:インドとの国境)
  • ビールガンジ(中部パルサ郡:インドとの国境)
  • ベルヒヤ(通称スノウリ:西部ルパンデヒ郡:インドとの国境)
  • ジャムナハ(通称ネパールガンジ:中西部バケ郡:インドとの国境)
  • ダンガディー(極西部カイラリ郡:インドとの国境)
  • ガッダチャウキ(通称マヘンドラナガル:極西部カンチャンプール郡:インドとの国境)
  • コダリ(中部シンデュパルチョーク郡:チベット自治区との国境:2016年7月現在閉鎖中)

日本でビザを取得する方法


事前に東京のネパール大使館、または大阪の名誉領事館で申請・受領ができる。
申請時間は10:00~12:00、受領時間は翌々営業日の14:00~16:00、休館日は土日祝祭日と年末年始。
東京の大使館でのみ郵送での申請・受領が可能。

また、福岡にも領事館があるが、ビザに関する業務は行っていない。
申請料は滞在期間によって異なり、15日間:3000円、30日間:5000円、90日間:12000円。
申請に必要な物は下記の通り。

  • パスポート(残存有効期間が6ヶ月以上とビザ用の余白ページが1ページ以上必要)
  • 顔写真1枚(縦4.5㎝×横3.5㎝の証明写真)
  • ビザ申請書(大使館、領事館にて入手できるが、大使館公式サイトからもダウンロード可)
  • 申請料(現金でお釣りの出ないように)

ネパール入国時に取得する方法


ネパール入国時に空港や陸路国境のイミグレーションオフィスで申請・受領ができる。
申請料は滞在期間によって異なり、15日間:US$25、30日間:US$40、90日間:US$100。
申請に必要な物は下記の通り。

  • パスポート(残存有効期間が6ヶ月以上とビザ用の余白ページが1ページ以上必要)
  • 顔写真1枚(縦4.5㎝×横3.5㎝の証明写真)
  • ビザ申請書(空路なら機内か空港で、陸路なら国境のイミグレーションオフィスで入手可)
  • 申請料(支払いは現金のみで、US$が無い場合はその他の通貨でも支払い可)

ビザの滞在可能期間を延長する方法


ビザはネパール入国後に延長でき、入国時の滞在可能期間と合計で最大150日間まで延長可能。
申請はカトマンズかポカラのイミグレーションオフィスで行う。

申請料は15日までの延長は一律US$30で、それ以降は1日につきUS$2。
もし滞在可能期間内に延長の申請を行わなかった場合は、1日につきUS$3の延滞金が加算される。
申請に必要な物は下記の通り。

  • パスポート
  • 顔写真1枚(縦4.5㎝×横3.5㎝の証明写真)
  • 延長申請書(イミグレーションオフィスで入手可)
  • 申請料(支払いは現金のみで、US$が無い場合はその他の通貨でも支払い可)

最新情報はこちら
在日ネパール国大使館
ネパール・イミグレーションオフィス

基本情報はこちら
ネパールの基本情報

気候に関してはこちら
ネパールの気候とベストシーズン

ネパールの世界遺産に関する情報はこちら
カトマンズ盆地
チトワン国立公園

合わせて読みたい記事はこちら