聖地キャンディ 観光情報まとめ

世界遺産の概要


スリランカ中央部には、カルチュラル・トライアングル(文化三角地帯)とよばれる地域がある。
カルチュラル・トライアングルとは、アヌラーダプラ、ポロンナルワ、キャンディという三都市を線で結んだ三角形の内側の地域のことで、世界屈指の歴史的遺跡群が多く残る地として知られている。

この地域に残る遺跡は、古代より続いた歴代の仏教王朝が造り上げてきたもので、これらの遺跡のほとんどは、現在も信仰の対象としてスリランカの人々の心に安らぎを与えている。
そんな文化三角地帯の南の一角を成す町が、シンハラ王朝最後の都として繁栄したキャンディである。

紀元前、アヌラーダプラに最初の都をおいたシンハラ王朝は、南インドからの侵略に追われ、遷都を繰り返しながら徐々に南下し、15世紀にキャンディに都を移した。
キャンディは周囲を山々に囲まれた盆地であるが、その自然の要塞が外部からの侵略を防ぐ役割を果たすと、争いはなくなり一旦は落ち着きを得た。
しかしそれも長くは続かず、その後は再び外部からの敵との争いを余儀なくされる。

植民地支配を始めたポルトガルに対し、シンハラ王朝はオランダと手を組み追放するが、その後はオランダと対立し、今度はイギリスと手を組みオランダを追放するが、後にこのイギリスとも対立する。
そして時は1815年、300年以上続いた都キャンディがイギリスにより滅ぼされると、2000年以上続いたシンハラ王朝の歴史に終止符が打たれた。

しかし、仏教の信仰は現在も受け継がれ、その中心地であり“スリランカで最もスリランカらしい町”
といわれるキャンディは、その町全体が“聖地キャンディ”として1988年に世界遺産に登録された。
sri-lanka-897819_1280

キャンディの町について


キャンディ駅周辺とバスターミナル

キャンディは小さな町で、中心部だけなら1日あれば十分に見て回れるほどの広さ。
キャンディ駅から北に真っ直ぐに延びる道がステーション・ロードと呼ばれる道で、この道を500mほど進むと時計塔がある所で、キャンディのメインストリートであるダラダ・ウィディーヤと交わる。

キャンディのバスターミナルは行き先によっていくつかに分かれているが、メイン・バスターミナル以外はキャンディ・マーケットの周辺に集まっている。
ステーション・ロードを進むと、右側に2階建ての白い建物が見えてくるが、これがキャンディ・マーケットで、このマーケットの手前、東側、北側にそれぞれバスターミナルがある。

  • キャンディ・マーケット東側のバスターミナル
    ここからはペーラーデニヤなど比較的近い町へのバスが発着している。
  • キャンディ・マーケット北側のバスターミナル
    ここからはマータレーなど近郊の町へのバスが発着している。
  • キャンディ・マーケット手前のバスターミナル
    ここからはコロンボ行きのインターシティのバスが発着している。
    インターシティとは主要な都市にしか停車しないバスで、エアコンも付いていて快適だが、料金はその他のバスの約2倍する。
  • メイン・バスターミナル
    キャンディ駅の西側に位置し、ここからはダンブッラ、アヌラーダプラ、キャーガッラ、バドゥッラ、ヌワラ・エリア、バンダラナイケ国際空港などへのバスが発着している。
    また、コロンボ行きもインターシティ以外のバスはここから発着している。
ダラダ・ウィディーヤとキャンディ湖周辺

キャンディのメインストリートであるダラダ・ウィディーヤ沿いにはコロニアルな建物が立ち並び、レストランやカフェ、商店や銀行などが軒を連ねている。
東へと延びるこの通りを時計塔から300mほど進むと、右側にキャンディ湖が、左側にはクイーンズ・ホテルという白く大きな建物が見えてくる。

さらに進むと左側に緑地の広場があり、その先にキャンディを象徴する存在である仏歯寺が建つ。
仏歯寺へと続く参道がこの緑地の中を通っていて、参道を仏歯寺に向かって進むと、突き当たりの左側にチケット売り場と入口がある。

また、この緑地の北側にはナータ寺院(Natha Devalaya)、パッティニ寺院(Paththini Devalaya)、セント・ポール教会(St. Paul’s Church)などの見どころが点在し、スリランカ政府観光局のインフォメーションセンターもある。

緑地や仏歯寺を通り過ぎてキャンディ湖のほとりを進んでいくと、左側にキャンディアン・アート教会のショップがあり、ここではキャンディ周辺の伝統的な特産品や工芸品の販売を行っている。
ここの対岸にはスリランカ最高位の僧院であるマルワトゥ・マハー・ヴィハーラ(Malwathu Maha Viharaya)などがあるので、一周3㎞ほどのキャンディ湖の周囲を散策してみるのもいいでしょう。

クイーンズ・ホテルがある角から北に延びる通りも人々の往来が多い通りで、ヒンドゥー寺院やモスク、商店などが軒を連ね、この通りと周辺は主に地元民で賑わっている。
クイーンズ・ホテルから600mほど進み、右手に小さな郵便局がある十字路を右に曲がり、坂道を500mほど上がっていくと、ウダワッタキャレー自然保護区(Udawatta Kele Sanctuary)の入口が見えてくる。

うっそうとした森林にサルやシカ、固有種を含む爬虫類や両生類、約80種の野鳥などが生息し、バードウォッチングの地としても知られている場所で、入場料はRs.570。
また、この自然保護区の北側にもいくつかの寺院が点在している。

キャンディの見どころ


仏歯寺と3つの博物館 Temple of the Tooth

スリランカの仏教信仰の中心地、キャンディを象徴する寺院である仏歯寺。
ダラダー・マーリガーワ寺院(Dalada Maligawa)とも呼ばれ、仏歯とは仏陀の歯のこと。
寺院内に奉納されている仏歯は、紀元前543年にインドで仏陀を火葬した際に手に入れたものだと考えられている。

その後、4世紀にスリランカに持ち込まれ、シンハラ王朝最初の都であるアヌラーダプラに奉納された。
そして、シンハラ王朝の都が移る度にこの仏歯も運ばれ、現在はこの寺院に奉納されている。

寺院を囲む堀やシンハラ建築の八角形の堂は見事で、寺院内は唐草模様の天井、彫刻が施された石の門、仏陀の座像などがある。
仏歯が奉納される部屋は普段は閉ざされており、1日3回のプージャー(仏への礼拝)の時だけ開かれる。
仏歯寺の入館料はRs.1000、プージャーの時間は5:30、9:30、18:30で、それぞれ90分ほど行われる。
公式サイトはこちら。
Sri Dalada Maligawa

また、仏歯寺周辺には、シンハラ王朝時代の王宮、王妃の宮殿、集会場などが残されており、現在は博物館として利用されているものもある。
仏歯寺周辺の3つの博物館はこちら。

  • キャンディ国立博物館
    仏歯寺の東側にあり、かつての王妃の宮殿が利用されている。
    シンハラ王朝時代の宝物や調度品が展示されている。
    開館時間は9:00~17:00、入館料はRs.500、定休日は日曜と月曜。
    公式サイトはこちら。
    Department of National Museums
  • 仏教博物館
    キャンディ国立博物館の北側にあり、かつての裁判所が利用されている。
    スリランカだけでなく、日本を含む世界各地の仏教に関しての展示がされている。
    開館時間は8:00~19:00、入館料はRs.500、定休日は無し。
    公式サイト(Facebook)はこちら。
    World Buddhist Museum Official
  • 考古学博物館
    仏歯寺の北側にある博物館で、かつての王宮が利用されている。
    開館時間は8:00~17:00、入館料はRs.500、定休日は火曜。
キャンディ湖とレイク・ビュー・ポイント Kandy Lake&Lake View Point

キャンディ湖は、シンハラ王朝最後の王であるスリー・ウィクラマ・ラジャハンにより、12年の歳月を費やして造られた湖で、中央に浮かぶ島はかつては王宮と地下トンネルで繋がっていたといわれている。
湖の周囲の遊歩道では地元民や旅行者が散策し、湖畔のベンチで語らう憩いの場となっている。
また、湖には魚や亀などが放されており、ボートで湖を周遊することもできる。

キャンディ湖の南側の小高い丘には、キャンディの町を一望できる展望地がある。
キャンディ湖西端の南側にあるウェルス・パーク(Wales Park)の周囲を沿うように進んでいき、そのまま東に500mほど進むと着く。

バヒラワカンダ仏像(ホワイト・ブッダ) Bahirawa Kanda Buddha Statue(White Buddha)

キャンディの北西の山の上には、高さ13mの真っ白な大仏が立っている。
これは1993年に造られたもので、ここはキャンディの町を一望できる展望地でもある。
時計塔から北西に1㎞ほどの所にあり、上り坂なので歩いて30分くらいはかかる。
この大仏は町中からでも確認できるので、迷うことはないでしょう。
入館料はRs.200。
one-hundred-buddhas-1182192_1920

キャンディ近郊の見どころ


紅茶博物館 Ceylon Tea Museum

かつての紅茶工場を利用した5階建ての博物館で、紅茶が好きな人はぜひ訪れたい。
1~3階は紅茶の歴史や陶器など、紅茶に関する展示が行われ、4階は紅茶のショップ、5階は紅茶などを味わえるカフェになっている。

開館時間は8:30~16:30、日曜は15:30まで、入館料はRs.650、定休日は月曜。
キャンディ・マーケット東側のバスターミナルから、ハンターナ(Hantane)行きのバスで20分ほど。
公式サイトはこちら。
Ceylon Tea Museum

ペーラデニヤ植物園 Peradeniya Botanical Gardens

総面積約5.6㎢を誇る広大な植物園で、園内は固有種を含む4000種以上の植物で彩られ、植物だけでなくサルや野鳥などの動物も生息している。
シンハラ王朝時代に、当時の王が王妃のために造った庭園で、19世紀に植物園として開園した。

ロイヤル・ガーデンという別名をもち、園内には当時の遺跡が残されている。
開園時間は7:30~17:45、入園料はRs.1100、定休日は無し。
キャンディ・マーケット東側のバスターミナルから、ペーラデニヤ(Peradeniya)行きのバスで20分ほど。

キャンディ郊外の見どころ


ピンナワラのゾウの孤児園 Pinnawala Elephant Orphanage

キャンディの西40㎞ほどのランブッカナ(Rambukkana)という町にあるゾウの孤児園。
ジャングルで親を亡くしたりはぐれてしまった小ゾウ、身体的な理由によって野生では生きていけないゾウなどを保護している施設で、現在は約100頭のゾウを保護している。

毎日9:15と13:15から30分かけて行われるミルクあげでは、スタッフが大きな瓶で与える牛乳を、愛らしい姿で飲む小ゾウ達を観察することができる。
また、毎日9:00~9:45と12:00~1:45は餌やりの時間で、果物を頬張る姿を観察できる。

普段は広々とした大地に放たれているが、毎日10:00と14:00から2時間は水浴びの時間で、乳児以外の全てのゾウが近くの川に移動して水浴びを始める。
ゾウ達が一斉に移動する姿は迫力満点で、川では気持ちよさそうに水浴びをしている。

キャンディのメイン・バスターミナルからキャーガッラ(Kegalle)方面のバスに乗り、カランドゥパナ・ジャンクション(Karandupana Jct)まで所要約1時間。
ここからランブッカナ行きに乗り換えて所要約20分で着く。

営業時間は8:30~17:30、入園料はRs.2500、子供(3~12歳)はRs.1250、入園の際にはパスポートなどのIDが必要になる。
公式サイトはこちら。
Pinnawala Elephant Orphanage

elephants-266124_1920

キャンディの気候


北海道よりやや小さいほどの島国であるスリランカは、その小ささから、どこに行っても同じような気候をしているように思われる。
しかし、実際は島国ゆえ周囲の影響を受けやすく、そして起伏に富んだ地形をしていることもあり、地域によって気候が大きく異なる。

気候に大きな影響を及ぼしているのが、赤道付近から吹きつける南西モンスーンと、ベンガル湾から吹きつける北東モンスーンという2つの季節風で、これにより地域によって雨季と乾季の時期が異なる。

年間を通じて雨が多く、雨季となる10~12月は特に雨が多い。
キャンディの1~3月の1ヶ月の降水量は70~80㎜ほど、4~9月の1ヶ月の降水量は100~180㎜ほど。
雨季の10~12月の1ヶ月の降水量は200~300㎜ほど。

キャンディの年間平均最高気温は29℃、最低気温は20℃。
朝晩は冷え込むことがあるで、訪れる際は薄手の上着があるといいでしょう。

観光のベストシーズンは比較的雨の少ない1~3月。
しかし、雨季といっても日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことは少なく、雨の大半は短時間で止む激しいスコールなので、雨季でも雨具を用意すれば旅行を避けるほどのことではない。
temple-204803_1920

日本からのアクセスと行き方


スリランカ航空の直行便が成田空港から出ており、バンダラナイケ国際空港(CMB)まで所要約9時間。
この他にも各社からバンコク、ソウル、シンガポール、クアラルンプール、香港などを経由してスリランカへと向かう便が出ている。

バンダラナイケ国際空港からコロンボ市内へは約32㎞あり、移動はタクシーかバスを利用する。
ほとんどのホテルでは頼めば空港まで迎えに来てくれるので、予約した際に確認しておくといいでしょう。
そして、このコロンボ市内から各地への鉄道やバスが出ている。

バンダラナイケ国際空港からコロンボ市内への移動手段


タクシー

到着ロビーにタクシーカウンターがあり、料金を支払うとスタッフがタクシーまで案内してくれる。
料金は行き先によって予め決められている。
コロンボ市内までは所要40~50分で、料金はRs.2300~3000。
タクシーはエアコン付きとエアコンなしがあり、エアコン付きの方が若干料金が高い。

バス

高速道路を走るエアポートバスと、一般道路を走るローカルバスがある。
エアポートバスはコロンボまで所要約40~50分で、料金はRs.130ほど。
ローカルバスはコロンボまで所要約90~120分で、料金はRs.50~100ほど。
バス乗り場は空港を出て左に進んだ所にある。
空港公式サイトはこちら。
バンダラナイケ国際空港
空港到着ロビーマップ
空港出発ロビーマップ

コロンボ市内からキャンディへの移動手段


バス

スリランカのバスは国営バスと民営バスの2種類があるが、路線も料金もあまり変わらない。
乗り場はペター地区(Pettah・Colombo11)のセントラル・バスターミナルとその周辺。
国営バスはSLTBバスやCTBバスと呼ばれ、真っ赤な車体が目印。
また、国営バスのほとんどはエアコンが付いていない。

民営バスにはさらにノーマルバスとインターシティバスの2種類がある。
ノーマルバスは国営バスとあまり違いはないが、ルート上であれば停留所がない所でも降りることができるという利点がある。
しかし、その分停車回数が多くなるので、予定より時間がかかってしまうことがある。

インターシティバスは主要な都市にしか停車しないバスで、エアコンも付いている。
全席埋まったら出発となるので、混み合うこともあまりなく、停車回数も少ないので移動時間も短く便利だが、料金は国営バスやノーマルバスの約2倍となる。
キャンディまでは所要3~4時間で、ノーマルバスの料金はRs.140ほど。

鉄道

コロンボ市内の中心部にあるコロンボ・フォート駅を起点に、各地へ路線が延びている。
各駅停車の普通列車と、主要都市の駅のみ停車するインターシティ(特急)がある。
各列車の車両は1等〜3等に分かれており、各等級によって車両の座席や料金が異なる。

小さい町の駅は切符売り場の窓口が1つしか無いが、コロンボ・フォート駅の切符売り場は、行き先と車両の等級ごとに窓口が分かれている。
また、インターシティと一部普通列車の1等は45日前から予約できる。

コロンボ・フォート駅からキャンディまで所要2時間30分~3時間30分で、料金はRs.100~800ほど。
料金は普通列車の3等が最も安く、インターシティの1等が最も高い。
スリランカ政府の鉄道公式サイトはこちら。
Sri Lanka Railway

ラグジュアリー列車

普通の鉄道は全て政府によって運営されているが、ラグジュアリー列車はスリランカの旅行会社によって運営されている列車で、政府が運営する鉄道のインターシティに、自社で改装した車両を1両つなげて運行している。

運営しているのはエキスポ・レイル社とラジャダニ・エクスプレス社の2社。
広々としたリクライニングシート、冷暖房完備、清潔なトイレ、Wi-Fi、時間帯によっては食事や軽食など、飛行機内のようなサービスが受けられる。

コロンボ・フォート駅からキャンディまでの料金はエキスポ・レイル社はRs.1450、ラジャダニ・エクスプレス社はRs.1100。
各公式サイトはこちら。
エキスポ・レイル Exeo Rail
ラジャダニ・エクスプレス Rajadhani Express

コロンボから国内線を利用する


シナモン・エアー社が、コロンボのバンダラナイケ国際空港から各地への国内線を運航しており、キャンディ行きの便も出ている。
料金はキャンディまでUS$170、時間は所要30~60分ほど。
この他にもヘリツアーズ社やフィッツ・エアー社が、ヘリやチャーター機などで国内線を運航している。
各公式サイトはこちら。
シナモン・エアー Cinnamon Air
ヘリツアーズ Helitours
フィッツ・エアー Fits Air

通貨と言語とビザについて


スリランカの通貨はスリランカ・ルピー(Rs)と補助通貨のスリランカ・セント(Cts)で、公用語はシンハラ語とタミル語だが、英語を理解する人が多く、観光地ではかなり英語が通じる。
また、スリランカへの入国にはETA(ビザ)が必要。
ビザ(ETA)に関しての詳細はこちら。
スリランカへの入国とETA(ビザ)取得と滞在期間延長方法

気候に関してはこちら
スリランカの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
スリランカの基本情報

スリランカのその他の世界遺産に関する情報はこちら
古代都市ポロンナルワ
古代都市シギリヤとダンブッラの黄金寺院

合わせて読みたい記事はこちら