スリランカの基本情報

正式国名

スリランカ民主社会主義共和国 Democratic Socialist Republic of Sri Lanka

国土面積

6万5607㎢(北海道の約0.8倍)

首都

スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ Sri Jayawardenepura Kotte

人口

約2067万人

宗教

仏教徒70.0%、ヒンドゥ教徒10.0%、イスラム教徒8.5%、キリスト教徒(ローマン・カトリック)11.3%。

言語

公用語はインド・アーリア系のシンハラ語とドラヴィダ系のタミル語。
また、英語を理解する人も多い。

通貨

通貨はスリランカ・ルピー(Rs)と補助通貨のスリランカ・セント(Cts)で、Rs.1はCts.100。
しかし、補助通貨のセントは現在はあまり使われていない。
国際通貨コードはLKR。

チップ

受けたサービスに満足した場合はチップを渡すのが一般的。
ホテルのルームサービスや荷物を運んでもらった際はRs.50~100ほど。
ガイドやドライバーを1日してもらった際はRs.500ほど。
高級なレストランでは10%ほどのサービス料が含まれていることが多いが、良いサービスを受けたと感じた時はRs.50~100ほどのチップを渡してもいいでしょう。

飲料水

衛生的に問題があるため水道水は飲まない方が良い。
飲料水は各所で売られているミネラルウォーターを。

電圧とプラグ

230~240Vの50Hzで、日本の100V用の電気製品を使用するには変圧器が必要で、ホテルによっては貸し出ししている所もある。
プラグの形状はB型、B3型、BF型、C型などが主流。(日本はA型)

習慣とマナーと注意事項

スリランカでの挨拶は、握手よりも手を合わせる合掌が一般的。
短パンやミニスカート、ノースリーブなど露出の多い服装で寺院などの宗教施設を訪れてはいけない。
もし持っていれば、服装は白系のものが好ましい。
また、寺院などの宗教施設に入る際は帽子やサングラスを外し、靴を脱いで裸足になる。
しかし、寺院内の石畳の床は日差しによって高温になっていることがあるため、暑さに耐えられない場合は靴下を着用したままでも良い。
仏像や神像の前での記念撮影や、仏像や神像に背を向けての撮影は禁止されている。
一部の寺院では撮影自体を禁止している場所もあるので注意が必要。
過去には、仏像と肩を組む写真を撮った外国人旅行者が逮捕された例もある。
また、軍事施設、公安施設、空港、港などの写真撮影も禁止されている。

日本との時差

日本より3時間30分遅れ。(日本の正午はスリランカの午前8時30分)

日本からのフライト

スリランカ航空の直行便が成田空港から出ており、バンダラナイケ国際空港(CMB)まで所要約9時間。
この他にも各社からバンコク、ソウル、シンガポール、クアラルンプール、香港などを経由してスリランカへと向かう便が出ている。

ビザ

スリランカへの入国にはETA(ビザ)が必要。

ETA(ビザ)に関しての詳細はこちら
スリランカへの入国とETA(ビザ)取得と滞在期間延長方法

気候に関してはこちら
スリランカの気候とベストシーズン

スリランカの世界遺産に関する情報はこちら
古代都市シギリヤとダンブッラの黄金寺院
古代都市ポロンナルワ
聖地キャンディ

合わせて読みたい記事はこちら