スリランカへの入国とETA(ビザ)取得と滞在期間延長方法

スリランカへの入国にはETA(ビザ)が必要で、観光目的の場合はTourism ETAの取得が必要。
ETAは事前にスリランカ政府ETA申請サイトから取得するか、スリランカ到着時にバンダラナイケ国際空港で申請して取得するかになる。
また、ETAを取得してスリランカに入国するには下記のものが必要となる。

  • 入国時に残存有効期間が6ヶ月以上のパスポート。
  • 予約が確定している復路の航空券。
  • 滞在期間に応じた十分な滞在費用。

Tourism ETAの有効期間はETA発行から3ヶ月で、30日間滞在可能で2回入国可能。(1度目の入国から30日以内であればもう1度入国できる)
また、滞在期間の延長も可能で、最大6ヶ月まで延長可能。

事前にスリランカ政府ETA申請サイトから取得する


  1. スリランカ政府ETA申請サイトにアクセスし、必要事項を入力する。
  2. 申請手数料US$35をクレジットカードで支払う。
  3. 利用可能なクレジットカードはビザ、マスター、アメリカンエクスプレス。
  4. 支払いが完了すると、24時間以内にETA承認書がメールで届く。
  5. 届いた承認書を印刷し、スリランカ入国審査時に提出する。

実際には料金支払い後に表示される確認画面の保存、もしくはこの確認画面に表示される申請番号を控えておけば、印刷した承認書の提出は絶対に必要というわけではない。

しかし申請サイトには“ETA承認書のコピーを持参し、入国の際提出することをお勧めします”と記されているので、一応承認書を印刷して持参した方が安心といえる。

もし承認書がメールで届かない場合は、申請サイトの“状況をチェック”から申請状況の確認が取れる。
確認してサイト上で承認(ETA has been approved)と表示されれば、その画面を印刷して入国審査時に提出すれば問題ない。

スリランカ到着時にバンダラナイケ国際空港で申請する


バンダラナイケ国際空港のETA発行カウンターで申請書を記入し、申請手数料US$40を支払えばその場でETAが発行されるので、その後はそのまま入国審査に向かう。
支払いはクレジットカード、デビットカード、現金のいずれかで行う。(日本円も使用可)

滞在期間を延長する


コロンボの入国管理局のビザ課で申請を行い、滞在期間の延長ができる。
滞在期間の延長は2回まで可能で、最大6ヶ月の滞在が許可される。

1回目の申請で入国日から90日まで延長でき、2回目の申請でさらに90日延長することができる。
ビザ申請の受付は平日の8:30~14:00で、土・日は休み。

各公式サイトはこちら
スリランカ政府ETA申請サイト
在スリランカ日本大使館
コロンボの入国管理局
スリランカ移民サービスセンター

気候に関してはこちら
スリランカの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
スリランカの基本情報

スリランカの世界遺産に関する情報はこちら
古代都市シギリヤとダンブッラの黄金寺院
古代都市ポロンナルワ
聖地キャンディ

コロンボの入国管理局の場所はこちら

合わせて読みたい記事はこちら