オーストラリアへの入国とETA登録方法

日本人のオーストラリアへの入国にはビザを取得するか、ETA登録が必要。

ETA(Electric Travel Authority)とは


ETAとはオーストラリアへの渡航許可で、事前にオーストラリア政府移民局にパスポート情報を登録することで入国が可能になる。

短期の観光、または商用や公用で渡航する人を対象としている。
ETAの有効期間はETA登録日から12ヶ月で、1回の入国で最長3ヶ月まで滞在可能。
また、有効期間内であれば何度でも入国できる。

ETAの申請方法


ETA登録は、オーストラリア政府移民局ETA登録サイトから自分で行う事もできるが、旅行会社などのETA登録代行サービスを利用した方が料金は安い。

なぜかというと、ETA登録自体は無料だが、オーストラリア政府移民局のETA登録サイトから自分で行うと、サイトのシステム利用料として20ドルかかる。
代行業者はこのETA登録サイトを利用せずに登録を行うので、結果的に安く済む。

ETA登録サイトから自分で行う際には、有効期間のあるパスポート、申請結果の通知を受けるためのメールアドレス、システム利用料20ドルを支払うためのクレジットカードが必要。

通常であれば申請後すぐに結果が通知されるが、処理に時間がかかる場合がある。
すぐに通知されない場合は、ETA登録サイトの「ETAの確認」からパスポート情報を入力すれば、申請が承認されたかの確認ができる。

自分で行う場合はこちら
オーストラリア政府移民局ETA登録サイト

代行サービスを利用する場合はこちら
地球の歩き方
JAL ABC
view grant
テレキュートETASセンター

最新情報はこちら
在日オーストラリア大使館

気候に関してはこちら
オーストラリアの気候とベストシーズン

基本情報はこちら
オーストラリアの基本情報

オーストラリアの世界遺産に関する情報はこちら
グレートバリアリーフ
ウルル−カタ・ジュダ国立公園
カカドゥ国立公園
シドニー・オペラハウス
フレーザー島
グレーター・ブルー・マウンテンズ地域
タスマニア原生地域(オーストラリア囚人遺跡群)

合わせて読みたい記事はこちら