カンボジアの気候とベストシーズン

カンボジアはインドシナ半島の南西側に位置し、東はベトナム、北はラオス、西はタイと国境を接し、国土の総面積は約18万㎢で、日本の半分ほどの国土を有している。
国土の中央をメコン川が南北に流れ、北西部の中央には巨大なトンレサップ湖がある。
気候は熱帯モンスーン気候に属し、季節は乾季と雨季のふたつに分かれ、地域によっての気候の違いはあまりない。
年間を通じて高温多湿で、年間平均気温は27℃前後、平均最高気温は30℃を超える。
カンボジアは1年中日本の夏の服装で過ごせるが、室内は冷房の効き過ぎている場合があるため、薄手の上着があると便利。

乾季


11月中旬~5月上旬にかけてが乾季で、この時期はほとんど雨が降らない。
前半の11月中旬~1月下旬にかけてが比較的涼しく、1年で最も過ごしやすい観光のベストシーズンとなるが、それでも最高気温は30℃を超える。
後半の2月上旬~5月上旬は1年で最も暑い時期で、最高気温は35~40℃を超えることもあり、特に3~5月は蒸し暑い日が続き、遺跡巡りなどは体力的にきつい。

雨季


5月下旬~10下旬にかけてが雨季となるが、日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことはほとんどなく、1~2時間ほどでやむ激しい雨がふる。
このスコールのような雨は、一定の時刻にまとまって降ることが多く、雨季の前半は午後に、後半は明け方や夕暮れ以降に降ることが多い。
スコールの後は道が水浸しになることがあり、交通に支障がでる場合もある。
7~8月にかけては雨が少なくなる時期が10日間ほどあり、最も雨が多いのは9~10月。
9・10月の月間の降水量は300㎜近くに達し、湿度は80%を超える。
雨季は雨で若干気温が下がるが、それでも最高気温は30℃を超える。

雨季にはメコン川の水量は乾季の約20倍にまで増水し、この水がカンボジアの大地を潤している。
増水したメコン川の水は上流のトンレサップ湖に逆流し、トンレサップ湖の大きさは乾季の3倍以上にもなり、最大で5倍近くまで拡大すると言われている。
また、トンレサップ湖は世界で最も淡水魚の種類が多い湖のひとつとしても知られ、その種類は300種以上に及ぶ。

基本情報はこちら
カンボジアの基本情報

ビザに関してはこちら
カンボジアへの入国とビザ取得と滞在期間延長方法

カンボジアの世界遺産に関する情報はこちら
アンコール

合わせて読みたい記事はこちら