ベトナムの気候とベストシーズン

インドシナ半島の東側に位置するベトナムは、全体的に高温多湿で雨が多く、南北に長い国のため地域によって気候が大きく異なる。
ベトナムの国土の約75%は山岳地帯であり、西側にはチュオンソン山脈が南北に延び、カンボジアとラオスの国境をなしている。
東側は南シナ海に面し、長さ約3260㎞にもなる海岸線が続いている。
山と海に囲まれ、チュオンソン山脈と季節風(モンスーン)の影響を受けるベトナムの気候は、南部、中部、北部の3つに大きく分けられる。

南部


ホーチミンがある南部は地域によって時期は異なるが、乾季と雨季があり、年間平均気温は26℃前後。
年間の気温差が小さいのも南部の気候の特徴で、月間の平均気温は年間を通じて25~30℃。
最も暑くなるのは雨季が始まる前の4~5月で、じっとしていても汗が止まらず、湿度は90%近くまで上がる日もある。
雨季が始まるのは5~6月頃で、10月に入ると徐々に雨は少なくなっていく。
雨季といっても、日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことは少なく、午前中は晴れていて、午後になって激しいが1時間ほどで止む「マンゴーシャワー」と呼ばれる雨が降るだけで、雨のあとは気温が下がって過ごしやすくなる。
乾季は11~4月で、全く雨が降らないという訳ではないが、湿度が下がって過ごしやすく、南部の観光のベストシーズンでしょう。
1~2月は最も晴天に恵まれ、朝晩は20℃前後まで気温が下がって涼しく感じられる。

ベトナムの南端に位置し、カントーなどの町があるメコンデルタ地方は、雨季にはメコン川やその支流が氾濫し、洪水に見舞われることがあるので注意が必要です。
ホーチミンの北東約400㎞に位置するニャチャン周辺は、9~12月が雨季となり、夜から明け方にかけて雨が降ることが多く、台風がやってくることもある。
10月、11月は特に降水量が多く、月間の降水量は300㎜を超す。
1~8月は雨が少なく、比較的気温が下がるのは1~2月、海水浴を楽しむなら4~7月がオススメ。

中部


フエやダナン、ホイアンなどの町がある中部は、チュオンソン山脈と季節風が気候に大きな影響を与え、不安定な天候が続くことがある。
9~1月頃までが雨季で、日本の梅雨のように1日中雨が降り続く日もあり、湿度は80%近くまで上がる。
最も雨が多いのは10月で、月間の降水量は600㎜を超える。
中部は雨季にいくつも台風が上陸し、町が浸水して観光どころではなくなる場合がある。
雨季は比較的気温が下がり、最高気温が30℃を超えることはなく、朝晩は17℃前後まで気温が下がる日もある。
2~8月頃までが乾季で、雨が少なくなり、3月後半頃から徐々に気温が高くなる。
4~8月は平均最高気温が30℃を超え、最も暑い8月は最高気温が40℃近くになることもある。
雨が少なく、気温も比較的低くて過ごしやすい、2~4月が中部の観光のベストシーズンです。

北部


ハノイがある北部は亜熱帯気候に属し、日本ほどはっきりとした変化はないが、一応四季がある。
大きく分けると5~10月が雨季で暑く、11~4月が乾季で涼しい。
雨季でも日本の梅雨のように1日中降り続くということはあまりなく、短時間で止む激しいスコールがあり、1ヶ月の降水量は200~300㎜ほど。
最も暑い夏の6~8月は最高気温が連日30℃を超え、湿度は90%近くまで上がり、夜になっても気温が下がらず、蒸し暑い熱帯夜が続く。
ハノイでも最高気温が35℃近くまであがる日もあるが、フェーン現象の影響を受けるソンラー周辺では、最高気温が40℃を超えることもある。
11~4月はあまり雨が降らないため湿度も下がり、最高気温が30℃を超えることもなく、特に涼しい12~2月は平均気温が17℃ほどで、日中でも上着が必要になる。
乾季でも、ベトナム語でムアフンやムアモックと呼ばれる霧雨が降ることがたまにあり、この時は最低気温が7℃前後まで下がることがある。
北部の観光のベストシーズンは、雨が少なくて涼しい11~4月で、最も過ごしやすいのは11~12月。

標高1560mに位置するサパなどの町がある北部の山岳部は、ハノイ周辺より涼しく、避暑地として賑わいをみせる。
全く雨が降らないという訳ではないが、1~5月が乾季となり、最も気温が下がる1~2月は、標高が高いこともあって寒さが厳しい。
12~3月は霧雨が降ることがあり、この時は最低気温が0℃近くまで下がることもある。
6~8月の夏は雨が多く、日中の気温は17~23℃ほどだが、朝晩は10℃前後まで冷え込むことがあるので、夏でも上着が必要になる。
山岳部を訪れるベストシーズンは、雨が少なく、比較的寒さも厳しくない3~5月と10~11月。

ビザに関してはこちら
ベトナムへの入国と滞在期間延長とビザ取得方法

ベトナムの世界遺産に関する情報はこちら
ハロン湾

合わせて読みたい記事はこちら